お米育て隊-8回目の活動は、しめ縄づくり!でした

春の田んぼの準備や籾蒔きから始めた、
今年のお米育て隊も、12月11日の活動でもう8回目。

今年初めて担当したインタープリター「ゆうき~☆」も
メンバーのみんなも、回を重ねるごとに  みんなとも お米とも
仲良くなってきました。

今回は、「すべて無駄にしないぞ~」の昔ながらの精神で、
今年収穫した稲の藁を使って、しめ縄を作りました。
先生は、いつもお米を育てるお手伝いをしてくれる地元農家の長田さん!
(ニコニコ素敵なおじさまです♪)

みんなでワイワイ、時に真剣に、最後まで楽しい時間でした。
しめ縄の意味、みなさんは知っていますか?
飾りにもそれぞれ意味があります。
imgp7857

まずは水につけておいた藁の、葉を取り除きます。
imgp7860
1本づつ丁寧な作業です。
imgp7869

使う部分を柔らかくするために、棒でトントン叩きます。
ストレス解消!にもなります。
imgp7875
先生お手製のたたき棒で、トントンがんばります!
自然を介した親子のコミュニケーションは気持ちがふんわりします。
imgp7879

次は、「縄をなう」練習。少し難しい。
5歳児が、1人で考えながらやる姿は、胸がキュン☆
imgp7886
「できた!」挑戦して、苦労して、自然と仲良くなりました。
ほら、この顔がたまらない!!
imgp7900

3歳だって、やっちゃうもんね!
まっすぐキレイじゃないけど、1人でやったもんね!
imgp7905

個性爆発!飾り付けターイム♪
飾りは公園の森や畑から、縁起物を集めました。
しめ縄だかクリスマスリースだかわからない作品も・・・お得だね!
imgp7911

いろんなしめ縄できました~
食べられて、飾りも作れて、お米って本当にすごいなぁ
imgp7923
インタープリター
ゆうき~☆

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.