2016年度のお米育て隊 笑顔で終了!

 

5月15日の田起こしから始まった2016年度のお米育て隊。

今年は、9名の子ども達が入隊してくれました。

子どもが中心のお米育て隊ですが、一緒に来てくれるお父さんお母さんも

同じくらい学んで、同じくらい奮闘して、同じくらい楽しむのがいいところ。

なので今年のお米は、師匠達のご指導の下、

4家族15名と、お米育て隊初担当の私の16名で作ったのです。

P6121160

 

 

 

 

 

みんなでやると、なんでも楽しいし、大変な作業も一緒にがんばれました。

20161010_104910IMGP7576

でも、畔に蒔いた大豆を鳥に食べられてしまったり、

黄金色に実った稲穂が台風でミステリーサークルみたいになっていたり、

折角乾いたハザかけ稲が雨に濡れてしまったり・・・

でも、その都度落ち込むことなく、自然の摂理を受け入れてきました。

 

お米を植える、刈る、脱穀だけでない活動もしました。

田んぼの周りの生きものを探したり、案山子を作ったり、

脱穀後の稲でしめ縄を作ったり・・・

どれも、これもお米を知る大切な活動。そして、おもしろい!!

 

P8071650 DSC_6433 DSC_6429 IMGP7874 IMGP7923

そんな一年を過ごしたので、

最後のお餅つきが楽しみでない訳がない! 嬉しくない訳がない!

集合時から、すでにワクワクがいっぱいに広がっていました。

IMGP8143 IMGP8144

早く来たお兄ちゃんに、大豆を炒ってもらいました。

弟くんはおとうさんと、絵本「おこめようちえん」を読んでいます♪

IMGP8146P1152220

寒~い日だったので、外でたき火も。始まりは、作業の確認から!

P1152240

最初は、つけておいたお米を蒸すところから。

IMGP8152 IMGP8156

お餅の味付けの一つ「大根おろし」の大根は畑から。おろしはみんなで!

P1152254

ひゃ~手が冷たい!

畑の大根が凍ってて、冷たいのです。

P1152229

もう一つの味付けは「きな粉」。

畔に蒔いた大豆を使う予定が、採れて食べられるのはたったこれだけ。

P1152230 P1152236

慎重に石臼に入れて・・・でっでない!少なすぎて出てこない!?

なので、上の石をどかして、みんなで底についたきな粉を食べる♪

「うま~い!」 砂糖なんてなくたって、出来立ては充分美味しいんだね。

(お餅用には、この後昨年公園で採れた大豆を使いました)

P1152257

「ご飯炊けたよ~」の合図で、お餅つきがスタート!!

P1152293 P1152260 P1152269 P1152286

P1152313

できたら、やっぱりまずは味見でしょう♪

P1152323

味見がホンキに・・・口からはみ出しすぎ~

P1152332  P1152359

お餅を切り分け、準備完了。

P1152357

食べる前に、一年間の活動をふりかえります。

そして、今日使ったもち米30合は、お米の数、田んぼの面積にすると

どれくらいかを確認。(なんと、管理していた田んぼ1つの約半分!)

お米って大変なのに、ちょっと食べたらすぐなくなっちゃうんだね。

そんなところで、さぁ、じゃあ食べましょう。

P1152361

「いただきま~す♪」

味は?・・・言わなくてもわかっていただけるはず。みなさんの顔も想像つくでしょ?

でも、作った本人たちにとっては、もっと美味しいのです!

P1152367 P1152370

最後は、「お米を大切に育てられたで賞」の授賞式。

なんと、子ども達全員が受賞するという、快挙!! すばらしい!

P1152373

大人には、「がんばったで賞」として、自分たちで作ったもち米を。

P1152374

(ずっとがんばって来てくれた家族が、インフルエンザで最後だけ欠席。

集合写真には写っていませんが、私達みんな一日常に思っていましたよ)

 

自分の手で関わるって、本当にたくさんの嬉しいをもらえますね。

心が豊かになった一年でした。

また来年、どんなお米育て隊になるのでしょうか・・・ありがとうございました♪

 

インタープリター

ゆうき☆

 

This entry was posted in 日記 and tagged . Bookmark the permalink.