~イベント報告~『お米育て隊2018』 ※ただいま、2019年参加者募集中

さて、お米育て隊とはどんなプログラムなのでしょう?
(お米育て隊:5月~翌年1月まで全9回の通年プログラム)

ここで2018年のお米育て隊の一年間を報告します。

☆第一回 籾まき&田起こし
新しいお米を育てるために、まずは籾まき(種まき)をして苗を育てます。
雨にも負けず、
風にも負けず、
病気にも負けず、
元気なお米を作るためには、元気な籾を選ばなければなりません!

どうやって選定するのかな?

皆さん真剣そのものです。

 

そして足で踏み踏みしながら土を混ぜ込む田起こしです。

楽しく!一生懸命泥遊び!

 

 

 

 

☆第二回 田植え
立派な苗ができたら、水のはった田んぼへ田植えです。

田植えは美しく。

初めての作業の子ども達は、ひと苗ひと苗、丁寧に植え付けでいきます。

 

 

☆第三回 畔豆植え
田んぼの畔に植えるので、畔豆植え

なぜ、そこに植えるのかな?

豆とお米はお互いに助け合うことで、お互い元気になります。

 

 

☆第四回 生きもの探し
水のはった田んぼには、いろいろな生きものがやってきます。

どんな生きものがいるんだろう?

恐る恐る覗きこむ子

すくい取ろうと好奇心でわくわくの子

 

☆第五回 案山子作り
すくすくと青々と。

立派に育つにつれ、美味しい稲のごちそうに、次々とやってくる訪問者。。。

しかし!彼らに稲を譲るわけにはいかないのです。
私達の代わりに、田んぼを守ってくれる勇敢なカカシを、藁を使って手作り。

 

☆第六回 稲刈り
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
初めて持つ鎌。

師匠から手ほどきを受けて、深々とおじぎしている稲穂たちを、皆で稲刈り。

皆さん夢中で作業して、みるみる内に刈られてしまいました。

 

☆第七回 脱穀

稲穂から、どうやって白いお米になるのでしょう?

 

 

 

 

昔の農道具を使ったり、時には手作業で籾殻をとる、脱穀という作業をします。

 

 

 

 

☆第八回 しめ縄作り
稲穂をとった藁も、とても大切。昔の人は、さまざまなものに活用していました。
この日は来年のお願いごとと厄除けを願って、藁で、一からしめ縄作りをしました。

☆第九回 いただきます

一年間、天塩にかけて育てた田んぼから真っ白な餅米が出来上がりました。

 

 

 

 

大豆を石臼でひいて香ばしいきな粉も手づくりです!

いよいよ、みんなでいただきます♪
自分で作ったお餅は、美味しもひとしおなのでした。

 

 

2019年度も、全9回の「お米育て隊」プログラムを開催します。

親子で力を合わせて、種から食を作る。
たくさんの発見や感動が詰まったプログラムです。
定員はご家族6組まで。

ただいま募集中ですので、ぜひご参加ください!

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.